心が豊かになる、ナチュラルワインのある暮らし。葉山町「ami hayama」

暮らし

海に沈む夕日を見ながら、自宅のベランダで美味しいワインに酔いしれる週末の午後。
湘南で暮らす幸せを心から味わえる瞬間ではないでしょうか。

美味しいワインは日常を豊かにしてくれます。

葉山町には、日常を豊かにしてくれる美味しいワインに出会える、ナチュラルワイン専門店「ami hayama」があります。

今回は「ami hayama」のオーナー石川さんに、ami hayamaのこと、ナチュラルワインのこと、葉山のことをお伺いしました。

自然がある環境と子育てのしやすさで葉山に出店を決めた

ーami hayamaを始めたきっかけはなんですか?
ワインショップを自分で開きたいという夢をずっと持っていました。それで貸店舗を中心に物件を探している中で、ここの土地を見つけたんです。

ここは横須賀から大磯まで湘南の海沿いを走る国道134号線沿いにあって、海まで歩けて、山にも囲まれて自然も豊か。そんなこの土地に魅せられてしまって。

ワインショップだけではなくて、この土地で何かできないかを考えて行く中で、ワインショップ、ダイニング、宿泊施設の3つの柱で運営をしていくことになりました。

ーなぜ葉山を選んだのですか?
10数年前にも葉山で暮らしたことがあって、そのときに保育園の方々に本当に良くしてもらったんです。とにかく葉山は子育てがしやすいという印象があって、起業してからも子供との時間をきちんと取りたいと思っていたので、葉山を選びました。

ワインを身近に楽しむ豊かな生活を提案したい

ーami hayamaという名前の由来はなんですか?
『ami』はフランス語で「友達」や「仲間」という意味です。ami hayamaで展開しているワインショップやダイニング、ホテルは、ワインに惹かれていらっしゃる方々とつながれる大切な場所として考えています。さらにはそのつながりを広げていって、仲間を増やしていきたいと思っています。

私達がやりたいことは、ただワインを売るだけではなくて、皆さんの生活を豊かにする提案なんです。そのためにもami hayamaはチーム5人の仲間で編成して、5人全員でアイデアを出し合っています。

ーami hayamaのこだわりはなんですか?
ワインは敷居が高いと思っていらっしゃる方が多いので、もっと身近に「ワインがある生活」を皆さんに知ってもらいと思っています。気軽に、何も考えずに、ただワインを感じてもらいたい。私自身がずっとそうしてきたんです。

ヨーロッパに行くとロゼワインに氷を入れて飲むなど、本当に気取ることなくワインは楽しまれています。きちんとしたマナーで飲まなきゃいけないとか、知識を知っていなきゃいけないとか、そんな堅苦しく飲むなんてもったいない。ただ味わって、気持ちが豊かになる、そんなワインがある生活をどんどん提案していきたいですね。

だからこそ当店のワインショップでは普段から気軽に楽しんでいただけるように、2000円台から購入できるデイリーワインをご用意しています。

もう一つ、絶対的なこだわりが『ナチュラルワイン』。当店ではすべてナチュラルワインを取り扱っています。

一本のワインとの出会いからナチュラルワインの世界へ

ーどうしてナチュラルワインを取り扱ってるんですか?
以前オーガニックレストランで働いていたとき、試飲会で出会った一本のワインに衝撃を受けたんです。それがナチュラルワインでした。それまでに飲んできたワインと全然違って、ぶどうそのままのピュアな味がして、それが衝撃的に美味しかった。

あまりの衝撃に、そのワインを造った方にどうしても会いたくなって、フランスのロワール地方の造り手さんを突撃訪問をして会いに行きました。その時、本当によくしていただいて。その経験がナチュラルワインに魅了されて、ナチュラルワインの世界にハマったきっかけです。

ーナチュラルワインってどんなワインのことを言うんですか?
ナチュラルワインの定義は色々ありますが、ami hayamaでは「100%無農薬のぶどうで造られていること。限りなく自然な醸造であること。」と定義としています。

無農薬でぶどうを育てると、地中20〜30mも根を張って、その土地の香りやエキスを吸い取ることで土地特有の味わいがでてきます。残念ながら農薬を使っていると、1,2m程度しか根を張ることができないためしっかり味わいが出ず、さらには香料や添加物を入れて味わいを足したりします。

ナチュラルワインは美味しいだけではなくて、体にもいいんです。飲むと体に抵抗なくするすると入ってきて、飲んだ翌日も頭が痛くなりにくくて爽やか。常に心地よく楽しめるのも、ナチュラルワインの魅力です。

葉山には頑張った一日癒してくれる瞬間がある

ー葉山のお客様はどんな方が多いですか?
葉山にお住まいの方は、日常の生活を楽しんでいらっしゃる方が多いような印象を受けます。最近は移住されてくる方も増えていて、当店に新しくいらっしゃるお客様はだいたい移住された方ですね。物件を探している方もとても多くて、物件を探すために当店2Fのホテルをご利用いただりしています。

ー葉山に移住を検討されている方に伝えたいことは?
湘南や葉山の地域の魅力は、海に沈む夕日を眺められること。わざわざ見に行こうとしなくても、普段車を運転しながら夕日を感じることができます。それが私にとっては1日のリセット時間になっています。「よし、これからワインタイムだ!」って。

そういう自分にとって力の抜ける瞬間を、葉山での暮らしの中でぜひ手に入れていただきたいなって思います。

ーami hayamaは、そんな心からワインを愛する石川さんの思いが詰まった、優しくて温かい雰囲気に包まれた場所でした。

取材時にオススメのワインを購入して自宅で飲んでみましたが、石川さんがおっしゃるとおり、その土地の味わいを感じられる、心地よい美味しさ。翌日の二日酔いもなくて、体に優しいワインでした。

ワインの味わいだけでなく、ami hayamaには石川さんをはじめとして魅力的なスタッフさんがたくさん。私は今回の取材を通してami hayamaが大好きになりました。こんなワインショップが家の近くにあったら、本当に最高です!

ami hayama
240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2152-4
営業時間 | 11:00 ~ 20:00(定休日:火曜日・水曜日)
問合せ | 046-874-6776
https://ami-hayama.jp

ami hayamaの厳選おすすめワイン

ー最後に、ami hayamaオススメのワインを教えて下さい!

・CREMANT d’Alsace Brut(クレマン・ダルザス・ブリュット)
ami hayamaで安定の人気を誇る、シャンパンと同じ伝統製法を用いて造られるクレマンというスパークリングワイン。いつ飲んでもピュアで洗練された味わいは、誰が飲んでも「美味しい!」と頷けるワインです。

産地:フランス/アルザス
品種:オーセロワ、シャルドネ、ピノ・グリ
度数:12.5%
18~28ヶ月シュールリーで熟成。酸化防止剤なし。ドザージュは5~6g。

造り手:クンプフ・エ・メイエ
(以下、インポーター情報)
ローゼンウィラーでワインを造っていたグザヴィエ・メイエー。モルセンハイムでワイン造りをしていたジョセフ・クンプフ。その二つのドメーヌが1996年にローゼ ンハイムで一緒に立ち上げたドメーヌです。
2010年、アルザスでビオディナミでブドウを栽培するチュスランなどで研鑽を積んだジュリアン・アルベルチュが入ることで格段に酒質が向上。
ワイン造りはすべての細かい選択の積み重ねの上に生まれるとジュリアン。物静かな佇まいの中で常に冷静な判断をくだしつつ、秘めた熱い挑戦心を持ってワインを生み出しています。

・Rose 2019(ロゼ 2019)
オレンジの革やハーブなどのスパイシーな香りが特徴のロゼワイン。口に含むと芳醇な旨味を感じるが、余韻はフレッシュでキリッとした辛口。温度が上がるとラズベリーなどのチャーミングな香りも出てくる。幅広い食事と合わせやすい。
※現在、2019年ビンテージは品切れ中。2020年ビンテージは6月末に入荷予定。

品種:ピノ・ノワール
産地:ドイツ・ファルツ
土壌:石灰・粘土
熟成:225lの木樽で3ヶ月熟成後、ステンレスタンクで3ヶ月熟成。
製造本数:331本

造り手:イミワイナリー
ドイツ・ファルツのワイナリー一家に生まれたジョナサン・ホレリス。
学生の頃から、シャトー・ラグランジュやドメーヌ・シュバリエで醸造経験を積みました。
のちにカリフォルニア・デイビス校で本格的に醸造を学び、カリフォルニアやバージニアでのワイナリーの仕事を経て、サンフランシスコでアーバンワイナリー(都市型ワイナリー)に出会います。
「街にいながら、自然との繋がりを造ることをワインで表現し、沢山の人にワインの楽しさを伝えたい」
この思いから故郷ドイツに戻り、アーバンワイナリーを立ち上げることになります。
亡くなった父のヨハヒム・ホレリス(あだ名:IMI)のファルツの畑を受け継ぎ、妻のスベンジャ、友人カイ・ソマー と共に、2016年「IMIワイナリー」を設立しました。

・White Scrabble 2019(ホワイト スクラブル 2019)
柑橘や白い花の香り、繊細なハーブのニュアンスを感じる白ワイン。食事にも合わせやすい辛口。
※現在品切れ中。6月末に入荷予定。

品種:ピノブラン、ムスカテラー(マスカット)、リースリング
産地:ドイツ・ファルツ
土壌:ルヴィソル、黄土、砂、粘土
熟成:ステンレスタンクで6ヶ月
製造本数:4224本

造り手:イミワイナリー(上記ロゼの造り手と同様)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で湘南移住応援サイト UMIROGI ウミロギをフォローしよう!

osakorie

5,702 views

湘南に暮らしはじめて3年。休日は海までジョギング、山にハイキング、湘南の新鮮な魚介や野菜と、いつの間にか湘南のとりこに❤ 湘南の魅力を発信していきます!

プロフィール

ピックアップ記事

その他の人気記事