湘南鵠沼 | ハワイ島発の極上アイスクリーム「Hilo Homemade Ice cream」

湘南のお店

潮風にサーファー、日常に海を感じる湘南鵠沼。
そんな湘南鵠沼に、地元の方に愛される大人気のアイスクリーム工房「Hilo Homemade Ice Cream」はあります。

ハワイ島で生まれたHilo Homemade Ice Creamのアイスクリームは、こだわりにこだわった極上の味わい。湘南鵠沼だから味わえるその味わいの秘密や、湘南鵠沼の魅力をオーナーの永江さんにお伺いしました。

約50年続くハワイ島ヒロの伝統的なホームメイドアイスクリーム

Hilo Homemade Ice Creamはハワイ島の東海岸にある都市ヒロで、1970年代に生まれました。日系アメリカ人のご夫婦が自宅で手作りでアイスクリームを作り始めたのが最初で、その味に惚れ込んだ人が血筋関係なく受け継ぎ、永江さんはその5代目。

永江さんは学生時代にヒロに留学をしていた時に4代目と知り合い、家に住まわせてもらったお礼として、アイスクリーム作りを手伝うことに。地元の人に愛されているアイスクリームを残していきたいという想いから5代目を引き継いだそうです。

アイスクリームを作りはじめて10年ほどして帰国を決意した永江さんは、地元で製造を続ける6代目を育てて帰国し、日本の湘南鵠沼でHilo Homemade Ice Creamを開店させました。

安心安全、素材の味を引き立てるこだわり抜いた製法

Hilo Homemade Ice Creamのアイスクリームはこだわりが本当にすごいんです。

まず一番の特徴は卵を使っていないこと。日本のアイスクリームは卵でコクを出すのが一般的。でも、アメリカには卵のアレルギーを持った子どもが多く、そんな子どもたちに国民的なスイーツのアイスクリームを楽しんでもらいたいと、卵を使わないでコクを出すアイスクリームにしたそうです。

卵を入れるとコーヒーやフルーツなどの素材を消してしまう。卵の代わりに新鮮で上質な生クリームでコクを出すことで、素材の味を邪魔せず引き立てることができています。

また人工的な原材料を一切使わないことにもこだわっています。アイスクリームなので、どうしても乳化させるための材料を使うのですが、それらすべて海藻や木の幹から取った成分など自然のものを使う事にこだわっています。

いくら自然から取ったものでも法律上は添加物に入り増粘剤や安定剤と呼ばれてしまうのですが、中身は自然のもの。安心して食べられます。また、人工的な物が入っていないので、口溶けがすばらしく良いのです。

アイスクリームを食べると喉が渇くのは人工物が口の中に張り付くから。Hilo Homemade Ice Creamのアイスクリームは水を飲まなくても喉が乾きません。

おすすめフレーバーを実食!

今回、夏季限定フレーバーの「農村たそりあのミント&チョコチップ」と定番フレーバーの「コナコーヒー」をいただきました。


上段が「農村たそりあのミント&チョコチップ」、下段が「コナコーヒー」

「農村たそりあのミント&チョコチップ」はこれまでのミントチョコの味わいの概念を打ち破る衝撃的な美味しさ。地元藤沢の農家で育てる「キャンディーミント」のスッキリとした清涼感のある香りが鼻に抜けます。

そして高級クーベルチュールチョコレートの雑味を一切感じない、きれいな甘みとカリカリした食感。爽やかな中に程よい甘みがアクセントで、素材の味をとても感じました。

「コナコーヒー」はハワイ島で栽培される世界最高水準で希少価値がとても高いコーヒー豆。このコナコーヒーを100%使用。鮮度を保つため製造直前に深く焙煎し、アイスクリームにする直前に豆を引いてじっくり抽出。そのまま豆ごと加えていきます。

卵を使っていないから、コナコーヒー特有の繊細で柔らかな甘みと豊かな香りを堪能できます。

湘南鵠沼は雰囲気だけでなく、住む人の人柄もハワイに似ている

工房は湘南鵠沼にあるのですが、実はこの地は永江さんにとって縁があるわけではなく、湘南からハワイ島に来ていた知り合いに「湘南はビーチスタイルでハワイ島の雰囲気に似ている」と勧められたそうです。日本人に人気のオアフ島ではなくハワイ島のヒロに観光で来る人は、本当にハワイが好きな人が多く、その中には湘南の人がとても多かったといいます。

永江さんが湘南に移住してからも、湘南に住んでいる人はハワイ好きが多いと感じることが多いそうで、「湘南の人はフラダンスやウクレレやキルトなどハワイの文化を楽しんでる人がすごく多い。お豆腐屋さんでも蕎麦屋さんでもハワイアンソングがかかっていて、それには最初すごくびっくりしました(笑)。」

永江さんご自身にとっても、湘南はとても住みやすく感じているそうです。

「湘南は東京から近いので、仕事は東京で週末は湘南と、仕事とプライベートでメリハリをつけて生活している人が多いように感じます。自分のスタイルを楽しんでいる人が多いので、とても付き合いやすいですね。」

「ハワイ好きな方も多いので、私達のルーツに興味を持ってくださる方が多いのもありがたいです。移住してくる方もとても多くて、オープンマインドで世代を超えた付き合いができるところも、ハワイ島のヒロと似ているなと思います。」

今後のことをお聞きすると、「地元の方のためにも、これからもアイスクリームの味わいにしっかりとこだわって作り続け、気軽に楽しんでもらえる空間を提供し続けていきたいと思います。」と永江さん。

ハワイのような空気の中で、こだわりの極上アイスクリームを食べられる生活。湘南鵠沼にすぐにでも移住したくなる、そんな素敵な手づくりのアイスクリーム工房でした。

Hilo Homemade Ice Cream
藤沢市鵠沼海岸5-13-30
[営業時間] 10:00~17:30
[定休日] 水曜・木曜日(祝日OPEN)
[お問合せ先]
TEL:0466-20-6120
FAX:0466-20-6118
※製造が立て込んでいたり店内が混雑していますと、お電話に出られない場合がございます。 留守番電話にメッセージをお残し頂くか、お時間をおいてから再度ご連絡ください。
[駐車場] 4台分有り
[ウェブサイト] https://www.hilohomemade.jp/
[SNS] Instagram Facebook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で湘南移住応援サイト UMIROGI ウミロギをフォローしよう!

osakorie

5,702 views

湘南に暮らしはじめて3年。休日は海までジョギング、山にハイキング、湘南の新鮮な魚介や野菜と、いつの間にか湘南のとりこに❤ 湘南の魅力を発信していきます!

プロフィール

ピックアップ記事

その他の人気記事