あじさい寺で見事な3000株の明月院ブルーに癒される

湘南地域とは

一年を通して花や紅葉の彩りを楽しませてくれる古都鎌倉。
お寺のおまいりと合わせて、季節ごとに次々と見頃を迎えるさまざまな花木を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
鎌倉といえば『あじさい』というイメージがあるほど、鎌倉にはすてきなあじさいの見どころがたくさんあります。特にお寺に咲くあじさいは、情緒がありますね。


開花は5月下旬から7月上旬頃まで続き、6月上旬から下旬の時期には見頃を迎えるあじさいの花。梅雨を知らせ、初夏の始まりを盛り上げてくれ、色とりどりの淡い花びらは、雨の時期により映える植物として街中を華やかにしてくれます。
日本全国各地でも、多くのお寺であじさいを観賞する事が出来ます。
中でも青一面に広がるこの明月院は、多くの方の心を癒してくれる存在となっています。


今回は、この時期ならではの鎌倉のあじさい、日本屈指のあじさい寺としても有名な『明月院』をご紹介したいと思います。

明月院といえば『悟りの窓』。丸い絵画のように窓からの景色が楽しめる、和の美しさを感じられる場所として多くの方に親しまれています。季節によって窓から観える景色も違い、季節ごとに何度も訪れたくなるお寺ですね。
花で知られる神社仏閣が数多くるある中、不動の人気を誇る明月院は、現在ではあじさい寺とも呼ばれるほど有名なお寺です。
明月院のあじさいは、ほとんどが日本古来の『姫アジサイ』、澄んだ綺麗なブルーのあじさいたちは『明月院ブルー』とも呼ばれています。


青やピンク、


ムラサキや


白など、


色とりどりの品種のあじさいが咲き誇る景色は、


訪れる人を楽しませてくれること間違いなし。


参道一面に咲くあじさいは圧巻です。
日を追うごとに青さを増し、濃く鮮やかな青を楽しみたい方は、6月中旬以降がお薦め!
更に早朝の観賞は、空気も気持ちよく人も少ないのでゆっくりと観賞を楽しむことができます。

この素晴らしい景色を保つために、影の努力は欠かせません。毎年300鉢のさし木をして新旧の更新が計られているそうです。こうやって地域の人や、遠方から訪れる人を癒してくれる景色は保たれているんですね。

なぜあじさい寺と呼ばれるようになったのか?

明月院は平安時代に創設されたお寺。
鎌倉最大級の規模を誇るやぐらの一つとして、歴史的価値は高く、創設から1000年程の歴史を持つ明月院は、歴史的価値に魅了され、世界中から多くの方が訪れるお寺となっています。
境内には、所狭しと約3000株の青色のあじさいたちで埋め尽くされており、


現在では、そんな歴史的価値とは別に、見頃になると綺麗なあじさいを拝見しようと、多くの方が訪れるようになったことから別名『あじさい寺』と呼ばれるようになりました。

そんな明月院には何故多くのあじさいを植えられているのか?

あじさいが植えられるようになったのは、第2次世界大戦後。
当時、物資や人手が足りない事で参道を整備する杭が足りなくなってしまい、そんな杭の代わりに植えられたのがあじさいのようです。
でも「何故、あじさいなの?」と、あじさいではなく他の花でもいいのでは?と思ってしまいますね。
あじさいが使用された理由は大きく2つ、「手入れが比較的簡単な花」と「戦争により崩壊した世の中と傷ついた人々の心に癒しを与える為」という事で、選ばれたようです。
こんなかわいいハートの形のあじさいを見つけました。


明月院ブルーなごみますね。
このようにして、現在のあじさい寺の素晴らしい景色はできあがりました。
そして明月院のあじさいは広く知れ渡ったようです。
梅雨の風物詩ともいえるあじさい。雨が続くと気分が沈みがちになりますが、雨にしっとりと濡れた色彩豊かなあじさいを見ると、気分も華やぎますね。

月笑軒でお抹茶をいただきひとやすみ

境内には、参道前の左側にお茶屋さん『月笑軒』があります。


こちらでは美味しいお抹茶と和菓子のセットがいただけます。
外の赤い毛氈の茶席はなんとも風情がありますね。


あじさいを眺めながらゆっくりと休憩してみてはいかがでしょうか。気持ちの良い外の空気とともに、風味の良いお抹茶をいただける。とても格別の時間になります。

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189
拝観時間:9時〜16時(6月は8時30分〜17時)
拝観料:【大人】500円 【小中学生】300円
電話番号:0467-24-3437
アクセス:JR横須賀線北鎌倉駅から徒歩約10分
その他:【本堂後庭園公開】 拝観料と500円
お茶セット:700円(お抹茶に和菓子付)

毎日のお散歩コースに明月院があったら素敵ですね。


春先には、シダレザクラやレンギョウ、ボケ、モモ、冬はスイセン、ツバキ、ロウバイが彩り、一年を通して四季折々の景色も見事です。6月と12月には『本堂後庭園』も特別公開され、6月には、一面に広がる、青や白の花菖蒲の花を。12月には、紅葉を楽しむことができます。
是非、皆さまも一度足を運んでみてはいかかでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で湘南移住応援サイト UMIROGI ウミロギをフォローしよう!

えりな

2,383 views

東京生まれ。現在茅ヶ崎市在住。心が緩む湘南の全てに魅了され15年前に移住!海・山・グルメ・スポーツ・子育て 湘南時間の楽しみ方❤海辺の暮らしをより美味しく楽...

プロフィール

ピックアップ記事

その他の人気記事