思いっきり笑って暮らそう! 新しい形の賃貸住宅、茅ヶ崎『たかすなヴィレッジ』

お住まい

「商業複合施設+賃貸住宅」の『たかすなヴィレッジ』はユーミーらいふグループとブルースタジオが共同展開する、まちとシェアする賃貸住宅『nezasu house(ネザスハウス)』の第5弾です。

このたび、『たかすなヴィレッジ』の一角に『たかすなヴィレッジ アネックス』がオープン。
『たかすなヴィレッジ アネックス』は、1Fにレストラン「ターナーダイナー」、2Fにコワーキングスペース「たかすなベース」が入った商業複合施設です。

11月28日(水)、そのオープンを記念したオープニングイベントが開催されましたので、その様子をレポートしながら『たかすなヴィレッジ』の魅力をご紹介します♪

目次

  1. 茅ヶ崎市長も駆けつけた、「オープニングセレモニー」
  2. ハンバーガーだけじゃない、朝から晩まで楽しめるレストラン「ターナーダイナー」
  3. テーマは『基地』。茅ヶ崎の子供みたいな大人のためのコワーキングスペース「たかすなベース」
  4. 子どもたちの笑顔が広がるクリスマスオーナメントのワークショップ
  5. 『たかすなヴィレッジ』で部屋を借りれば、毎日を笑って過ごせる暮らしが待っているかも?!

茅ヶ崎市長も駆けつけた、「オープニングセレモニー」


11月28日(土)朝10時。気持ちのよい秋晴れ。湘南の海から吹いてくる爽やかな風。
JR茅ヶ崎駅から徒歩3分の『たかすなヴィレッジ アネックス』前にて、オープニングセレモニーが開催されました。

セレモニーには、なんと茅ヶ崎市の佐藤市長と茅ヶ崎市議会議員の柾木氏も駆けつけてくれ、厳かな中にも和やかな雰囲気でテープカットが行われました。柾木氏は「たかすなヴィレッジが湘南から文化を発信していく玄関口となることを期待しています」とコメントし、茅ヶ崎に新たな文化の発信地がオープンした瞬間となりました。

ハンバーガーだけじゃない、朝から晩まで楽しめるレストラン「ターナーダイナー」


『たかすなヴィレッジ アネックス』1Fの「ターナーダイナー」は、木目調であたたかな雰囲気のカジュアルなレストラン。「ターナーダイナー」はオリジナルハンバーガーやサラダプレートを提供するレストランで、小田急多摩線黒川駅にある1号店に続く2号店です。


入り口は吹き抜けで全面ガラス張りなので、陽の光が店内全体に注ぎ込んで本当に気持ちがいい!


カウンター席8席、テーブル席14席のほかに、なんと店の奥には、10名が座れるお座席が!
お一人様でもグループでも楽しめそうです。


人気はやっぱり「クラシックバーガー(1,300円)」。こだわりのパテはつなぎを使わず、粗挽きと中挽きの牛肉に塩とマスタードのみ。しっかりとした肉感を感じる、食べごたえ満点の一品です。


お水はおしゃれなボトルに入れて提供してくれます♪
蓋が閉まるので、コロナ禍でも安心です。


オープニングイベントでは、店頭でかわいいワゴンが出店されてCAFÉ POEのスイーツも販売。
自転車で立ち寄った地元のお客様が、次から次に購入されていきました。


「当店にはお座敷もありますし、茅ヶ崎の方に安心してくつろいでもらえる、そんなお店を目指しています」と、店長の宮下さん(写真中央)。

「ターナーダイナー」はまちづくりの一端を担って出店することが多く、スタッフの皆さんは「お客様と一緒にまちを盛り上げていくこと」を一番に考えているとのこと。出迎えてくれるスタッフの皆さんの笑顔は、包み込んでくれるような優しい笑顔ばかりです。

運営会社である株式会社ワットのフードマネージャー宮原さん(写真右)は、「ハンバーガーやステーキばかりじゃなくて、野菜や魚などを使った、普段から食べられる食事をこれから提供していこうと思っています。ランチもして、スイーツも提供して、コーヒーや紅茶にもこだわって、夜はもちろんお酒も出して。近所の方が毎日、一日中楽しんでもらえるような “街の定食屋さん”になりたいですね。」と意気込みを語ってくれました。

こんなお店が家の近くにあったら、一日何度も通いそうです!

<ターナーダイナーのメニューを一部ご紹介>
クラシックバーガー(1,300円)、マッシュルームチーズバーガー(1,500円)←店長オススメ! 他
ホットコーヒー(450円)、SMITH TEAMAKER(紅茶)No.47バンガロー(ダージリンブレンド)など6種類(all500円)、自家製レモンスカッシュ(600円)他
スイーツはCAFE POE手作りスイーツ(焼きりんごタルト ホイップクリーム付き)(600円)など←ケーキを注文するとドリンク全品100円引き!
ディナータイムは、軽いおつまみやお酒も充実。
アーモンドキャロットラペ(400円)など前菜、牛ハラミのグリルステーキ(1,700円)他
茅ヶ崎市のブルワリーBarbaric WORKSのビール(half700円、full1,000円)、モスコミュール(800円)他
(※2020年11月時点の情報)

ターナーダイナー 茅ヶ崎店 (TURNER DINER)
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-2-8 たかすなヴィレッジアネックス 1F
0467-33-5040
<営業時間>
[月・日]11:00~18:00 [火・木・金・土]11:00~22:00
[定休日]水曜日

テーマは『基地』。茅ヶ崎の子供みたいな大人のためのコワーキングスペース「たかすなベース」


『たかすなヴィレッジ アネックス』2Fには、70㎡超ある広々としたスペースが広がります。
木を使った温かみを感じられる中にも、無駄なものがなくシンプルでカッコいい内装のコワーキングスペース「たかすなベース」が完成しました。

「たかすなベース」について聞いてみると、株式会社TakasunaBASEの代表取締役小山さん(テープカットの左から2人目の方)は、「茅ヶ崎には、海が好きで、自身のライフスタイルを楽しんでいるユニークな方がたくさんいらっしゃいます。そういう方が集まるプラットフォームを今回用意しました。テーマは『基地』です(笑)。きっと、海好きという共通の価値観から、新たなアイデアや事業が生まれる場所になっていくと思います。」と語ってくれました。

焼けた肌に白い歯、さわやかな笑顔が印象的な小山さん。きっとご自身も海が好きで、自分が使いたいスペースを作ったんだろうなと思いながら、聞いていました。

「たかすなベース」を出店するときにこだわったのは『立地』。ここは図書館と郵便局が近くにあるので、個人で事業をされる方には大変便利な場所です。遊ぶだけではなくて仕事のこともしっかりと考えられたコワーキングスペースになっています。

「たかすなベース」の一番の売りは、ここにしかない『サーファーパック』!
サーフボードロッカー、シャワー、レンタル自転車を完備していて、サーファーが仕事の合間に海に行ける準備も万端です。

茅ヶ崎にはサーフィンが好きな方が多いですが、遊びと仕事を両立しながら地域の方とコミュニケーションがすることで、茅ヶ崎全体が盛り上がっていく。そんなこれからを考えるとワクワクしますね。


スペース中央には、ハリーポッターの大広間のテーブルのような長テーブルが。
一人ひとりのスペースもしっかりと空いているので快適に仕事をしながらも、適度な距離間でコミュニケーションも弾みそうです。


個室ブースは3つ完備。光の明るさもちょうどよく、狭すぎず広すぎず、自分だけの書斎として、仕事に集中できそうです。テレカンのときにも重宝しそうです。


湘南の風が気持ちいいテラス席は、仕事の合間にコミュニケーションを取るのに最適です。


もちろん、鍵付きロッカーも完備。

<料金プラン>
フルタイムプラン(個人の方で利用したい方向け) 月額 25,000円
住所利用プラン(個人の方など住所を利用したい方向け) 月額 30,000円
法人登記プラン(法人で登記したいスタートアップの方向け) 月額 35,000円
・24時間365日使用可能
・住所利用・法人登記など、自身の目的用途に合わせてご利用可能
・無料で利用可能なウォーターサーバーを用意
・サーファー向けオプションサービスも
(シャワー利用 1,000円/月、サーフボードロッカー 2,000円/月、レンタル自転車 3,000円/月、自転車置き場利用 5,000円/月)
(※2020年11月時点の情報)

たかすなベース(Takasuna BASE)
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-2-8 たかすなヴィレッジアネックス 2F
問合せフォーム
https://www.takasuna-base.co.jp/contact/

子どもたちの笑顔が広がるクリスマスオーナメントのワークショップ


『たかすなヴィレッジ アネックス』の隣には、たかすなヴィレッジの住民の方と地元の方が触れ合うことができる広場があります。オープニングイベントでは、その広場でクリスマスオーナメントを作るワークショップが開かれました。


折り紙を切り貼りして、大きなオーナメントが仕上がります。
一生懸命オーナメントを作る子どもたちの顔は真剣そのもの。


クリスマスツリーのオーナメントに願い事を書くイベントも開催。
茅ヶ崎市の佐藤市長と茅ヶ崎市議会議員の柾木氏も願い事を書いてくれました!


オープニングイベントでは、午後から河野太郎大臣も視察に訪れ、子どもたちと一緒にワークショップに参加されました。

子どもも大人も自然と笑顔になる。『たかすなヴィレッジ』の広場には、そんな空気が流れています。きっと今後も、新しく住み始めた方と地元の方が笑ってふれ合える、そんな広場になっていくのでしょう。

『たかすなヴィレッジ』で部屋を借りれば、毎日を笑って過ごせる暮らしが待っているかも?!


住まいの隣にこんな素敵な施設があって、みんなが笑顔であふれている。こんな理想的な住まい、見たことがありますか?
ちなみにわたしはないです!

今回、オープニングイベントに参加して一番感じたことは、茅ヶ崎のみなさんが心から楽しそうに笑っているということ。オープニングイベントに参加された方に茅ヶ崎の良いところを聞いてみたら、「住みやすいところ!」だということ。

『たかすなヴィレッジ』はまちとユーミーらいふグループとブルースタジオが共同展開する、まちとシェアする賃貸住宅『nezasu house(ネザスハウス)』の第5弾として作られました。『nezasu house』は、風土、地域、文化に根ざす住宅として、自然環境、歴史、コミュニティ等の建築的な性能と地域価値の向上に寄与することをコンセプトにした、賃貸住宅シリーズです。

この『たかすなヴィレッジ』も、茅ヶ崎の人と触れ、茅ヶ崎の食に触れ、ビジネスで茅ヶ崎を盛り上げ、一人ひとりが自分らしいライフスタイルを楽しみながら、茅ヶ崎を盛り上げていく。そんな茅ヶ崎文化を発信していく場所になりそうです。

『たかすなヴィレッジ』に住んでみれば、きっと、自然に思いっきり笑って暮らす生活を過ごせるのでしょうね。

『nezasu house』の詳細はこちら>>
『たかすなヴィレッジ』の詳細はこちら>>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で湘南移住応援サイト UMIROGI ウミロギをフォローしよう!

osakorie

5,702 views

湘南に暮らしはじめて3年。休日は海までジョギング、山にハイキング、湘南の新鮮な魚介や野菜と、いつの間にか湘南のとりこに❤ 湘南の魅力を発信していきます!

プロフィール

ピックアップ記事

その他の人気記事